365咄赤利> 敢の僣嶄晩褒囂井梧簡

敢の僣嶄晩褒囂井梧簡

もし書匚この瞬に
音貌栽いな僣がつもったなら
怎治のない巷坩を
突と化いてみないかい
埴のこと嗾うための
笥糞をずっと冥していた
梁もりを蛍け栽いながら
屈繁の鉦宣を抹めよう
易い僣がすべてを咨し
垓い怎治してゆくなら
ずっと梨れないよう書を
敢の僣に液じ嗹めていって
伉だけはどこにでも
徭喇に敬んでゆけるから
寄俳なことは埴徭附が
いつも侑せであること
弌さな墳につまずいては
叭押になっていただけさ
埴らしく化けばいいよ
突がいつも需便ってゆくから
易い僣がすべてを咨し
垓い怎治してゆくなら
ずっと梨れないよう書を
敢の僣に液じ嗹めていって
狛ちを舳り卦しながら
寄並なことに賑づき兵める
狛ぎてしまった逗い晩?よ
敢の僣に卑けだしていって
敢の僣に卑けだしていって
敢の僣嶄晩褒囂井LRC梧簡
敢の僣嶄晩褒囂井LRC梧簡壙隆村秘
購液